私はアメリカ人と結婚して6年になります。 主人と出会った時、私は19歳でした。 若かったというのもありますが、付き合い始めた当時、 結婚願望というものは私も主人もあまりなく、 これからもずっと恋人同士でいたいと思っていました。 主人は出会った当初から「子供が苦手」と言っていたので、 家族を作るということが想像できなかったのも 結婚願望を失くした理由の一つだったと思います。 しかし、お付き合いを始めて4年が経ったある日のこと、 主人の友人に子供が生まれたということで、 出産祝いをかねてお宅にお邪魔することになりました。 生後間もない赤ちゃんは、小さくて可愛くて、 若い頃抱いていた赤ちゃんの印象とは全然違うものでした。 そして、「子供は苦手」と言っていた主人が 自ら「抱っこしてもいい?」と聞き、 嬉しそうに赤ちゃんを抱いたりあやしている姿を見て、 「この人をお父さんにしてあげたい」「この人と結婚したい」 と初めて強く思ったのです。 その後私たちが、結婚し子供にも恵まれました。 主人は、今では毎日楽しそうにお父さんしてくれています。

関連エントリー

富山県のブライダルエステ一覧でhttp://twitter.com/utn2mroj自分に癒しのひとときを・・・
真言宗の戒名についてまとめました

Copyright © 2007 〜2013 【ノッツェ】結婚相談所ってどうなの?. All rights reserved